なぜ熟年婚を希望したのか?

現在、結婚ビジネスの業界では熟年層をターゲットに盛り上がっています。熟年離婚の増加と共に熟年婚の件数も増えており、50歳や60歳になって再婚や結婚を希望される方が増えているためです。

しかし、それくらいの年齢になると普通は奥手になるはずです。「もうこの年齢だし…」や「今さら面倒だ…」と思ってしまいそうですが、何が希望者の背中を後押ししたのでしょうか?熟年婚を決意した理由を紹介していきます。

不安が年齢とともに大きくなった

年齢を重ねると、どうしても不安が大きくなってしまいます。健康面、金銭面、様々な部分で不安を抱える方も多いでしょう。しかし家族がいれば不安も小さくて済みます。たとえば病気になった時でも、お世話をしてくれる家族がいれば安心です。また金銭面で困ったことがあっても、子供たちに相談することも可能でしょう。

ところが、家族がいない人にとって話は異なります。病気になってもお世話をしてくれる人はおらず、金銭面で頼りになる人もいない。また最も大きな不安と言えば、「自分が死んだ時」ではないでしょうか。誰が葬式をあげてくれるのか、骨は誰が拾ってくれるのか、そもそも、自分が入る墓はあるのかなど、これらの点で大きな不安を抱えることになります。

そのため、50歳や60歳になって結婚を希望される方が多いと言えるでしょう。

軽い気持ちで結婚相談所に登録した

本当に結婚できるとは思っておらず、興味本位で結婚相談所に登録される方も増えています。結婚とまではいかなくても、お茶飲み仲間が見つかるかもしれませんし、新しい出会いもあると期待して登録された方々です。

ところが、自分の想像と違って「この人と結婚したい!」という人に出会い、結婚したい気持ちが徐々に強くなっていくこともあります。結果、無事にゴールインを迎えるカップルも多いようです。

知り合いが熟年婚をした

友人や知人が熟年婚をして、その様子を見て「自分でも結婚できるのかな?」と思うようになっていきます。そしてその友人から「お前も相談してみれば?」と勧められて、結婚相談所の門を叩く方も多いようです。このような方の多くは男性であり、やはり年齢を重ねても結婚したい気持ちが衰えにくいのは男性と言えそうです。

子供に勧められた

結婚相談所に登録される女性の中には、自分の子供に勧められた方も多くおられます。とくに娘さんから勧められるケースが多く、「それで何となく相談してみようかと…」という気持ちになった方々です。そして思わぬ出会いを迎え、そのままゴールインされる人も多いと言えるでしょう。

いかがでしょうか?男性の場合は興味本位や友人からの勧め、女性の場合は娘さんからの勧めで結婚相談所に登録される方が多いと言えます。しかし、実際のところ理由は何でも構いません。興味本位でも構わないでしょう。大切なのは「結婚したい」という気持ちを持つこと、そして行動を開始することです。

結婚したい気持ちを持っているものの、実際の行動になかなか移せない方が多いのも事実です。しかし行動を起こさないと願望は願望のままで終わってしまいますので、ぜひ第一歩を踏み出してはいかがでしょうか?