結婚相談所ってどんなところ?

熟年婚された方の多くは、じつは結婚相談所を利用された方です。50歳や60歳になって運命の出会いをすることもゼロではありませんが、普通に日常生活を送っている限り滅多にないでしょう。だからこそ結婚相談所に登録をして、熟年婚を目指す人たち同士で新しいパートナーを探すことになります。

しかし、結婚相談所とはどんなところでしょうか?簡単に紹介していきましょう。

何をしてくれる?

登録をすると、まず案内所のようなものが届きます。その結婚相談所の特徴やイベントなどが書かれているのですが、結婚相談所が主にやってくれることは以下の通りです。

■カウンセリング
まずはここから始めます。希望する相手の条件などを登録していき、利用者の希望に合った相手、あるいは希望に最も近い相手を探してくれます。

■セミナー
独身歴が長いと、どうしても異性に対する正しい接し方や服装を忘れてしまいがちです。女性(男性)との会話で盛り上がる方法、「これは聞かない方が良い」などの注意点、そして適切な服装のアドバイスもしてくれます。また、その結婚相談所でのルールも教えてもらえるため、絶対に守るようにしておきましょう。独りよがりでルール違反を繰り返していると、最悪のケースで強制脱退になることもあります。

■パーティー
登録している男女が大勢で集まるパーティーです。参加費は必要になりますが、たくさんの人と知り合えるチャンスなので利用してみましょう。

■お見合い(1対1)
気に入った相手が見つかれば、カウンセラーを通してお見合いを申し込みます。ここでお互いの気が合えば、ぜひデートなどに誘ってみましょう。

■結婚→脱退
無事に結婚できたなら、もう結婚相談所の役目は終わりです。結婚後にスタッフの皆さんからの祝福を受けて、脱退することになります。

料金システムは?

ここが一番気になる点ではないでしょうか?一般的な結婚相談所でかかる費用をまとめてみます。

■入会金
金額はピンキリですが、3万円前後に設定している業者が多いでしょう。

■登録料
入会金とは別に、好みのタイプなどの細かい情報を登録するにもお金がかかります。なお、その後に入力情報の変更を申し出ることも可能ですが、たいていの業者では変更は無料でやってくれます。こちらも3万円前後が多いと思います。

■月会費
毎月の会費を支払います。安いところだと5000円前後ですが、たいていは1万円程度を目安にしておきましょう。

■パーティー参加費
大勢でパーティーを行う時もお金がかかります。男女で参加費が違うケースもありますが、およそ1万円を目安にしておけば大きな間違いはないでしょう。

■お見合い費用
カウンセラーを通じて1対1でお見合いをする場合も費用がかかります。しかしそれほど高額ではなく、5000円程度を目安にしてください。

■成婚料
結婚相談所は、結婚のお手伝いをする場所です。したがって無事に結婚できたなら、報酬として成婚料を支払うことになります。じつはこの成婚料が最も高額で、20万円前後の会社が多いですが、それ以上する場合もあります。

いかがでしょうか?意外と高額になる結婚相談所ですが、人生の新しいパートナーを見つけるための経費だと割り切ることが大切です。また、あまりにも格安な料金を提示している業者は気を付けた方が良いかもしれません。安いには安い理由があり、ひょっとしてパーティーには大量のサクラが紛れ込んでいるかもしれません。「ある程度のお金はかかるものだ」と考えることが重要でしょう。