結婚は無理だけど恋人が欲しい熟年世代の本音

年齢的に結婚を意識した付き合いをしなければいけない、と思い込んでいませんか? 今は結婚という形にとらわれない人が増えてきました。お互いに同じ考え方のパートナーに出会えたら、恋人として長いお付き合いができそうですね。

結婚はしたくないけど恋人が欲しい、これってワガママ?

国民性と言ってしまうと話が大げさになってしまいそうですが、例えばフランスなどは籍を入れずに内縁関係のまま子供を生んで育てる、というスタイルで生活しているカップルがたくさんいます。それがあまりにも自然なことなので、日本のように子供を生んで育てるなら結婚するのが当たり前という文化に少し戸惑いを覚えるのだとか。それぞれの国の文化と言ってしまえばそれまでですが、今の時代のように各国の文化交流が盛んに行われ、それぞれがいいと思ったこと、素敵だと感じたことを自分たちのライフスタイルに取り入れるという形が増えてきました。

まだまだ日本は、結婚して子供を生み育てることのほうがメリットは大きく、若い世代の方たちは結婚という形をとることが多いワケですが、熟年世代となると少し話が変わってくるようです。年代的に子供育てるというわけではなく、自分たちだけのための人生が待っているので、結婚という形にこだわらない人が多い傾向にあります。しかし、先ほども話したように日本はどうしても結婚という形にこだわりを持つ人が多いので、熟年世代なのに恋人という形で付き合っていてもいいのだろうか、と悩む人が少なくありません。

熟年世代だからこそ恋愛を希望する人は案外多いらしい

なぜ結婚ではなく恋人という形を希望するのかというと、特に離婚を経験した方は結婚に対して慎重になります。トラウマというわけではないものの、結婚より離婚のほうがエネルギーを使うといいますし、万が一、二度目の離婚となればそのときのダメージは計り知れないと心配になるのです。付き合う前から別れることを考える人はいないと思いますが、恋人という形であればお付き合いしている途中で別れ話があったとしても、心に傷を負うことは同じでも離婚に比べればダメージが小さいのではないでしょうか。結婚は少なからず我慢が必要と言われていますし、残りの人生を自由に生きたい、縛りのない人生を歩みたいと考えるならば、恋人という関係でもいいのではないでしょうか。もちろんこれには相手の気持ちが同調しているかどうかがポイントになります。

熟年世代同士のお見合いパーティなど出会いの場に集まる方の中には、結婚を意識せず恋人を探しているという方もいます。また、そういった方を対象としたパーティも開催されているようです。もしも意中の人がいないのであれば、自分と同じ人生設計を持っている方と出会える場に出向いてみてはいかがでしょうか。

恋愛の先にあるのが結婚ではありません。大切な人を思いやることで心が満たされて、幸せを感じることができたのなら、それはお互いにとって素晴らしいことではないでしょうか。時代は変わりつつあります。熟年世代の恋人の関係をとしたお付き合いも増えてきました。結婚相手ではなく恋人が欲しいという気持ちは、自然なことなので必要以上に神経質になることはありません。