財産分与で家が無くなる可能性が!

夫婦で共有しているものや、共同で築き上げた財産にかんしては、離婚をする際に協議して分割することになるでしょう。もちろん、今住んでいる家も同様です。場合によっては、家を売って現金化してから分割する必要があるかもしれません。熟年離婚は、ただきれいさっぱりとできるわけではないのです。最悪の場合、皆さんが住む場所が無くなるかもしれませんよ。

◆夫婦で共有する財産は分割する義務

夫婦で築き上げてきた財産は、離婚のときに分割することになるでしょう。特に、相手に浮気などの問題が無ければ、半分ずつに分けることが一般的です。このとき、現金資産があれば、家を手離すことも無く済みます。

しかし、現金資産が乏しい場合、家の所有権を妻と半分ずつにするのは現実的ではありません。協議の結果、どちらかの財産にするか、それとも売り払って現金化をして分配するかのいずれかになるでしょう。

夫婦は二人三脚、という考えから結婚しているときは法律で守られていたというのもあります。離婚をすれば、他人同士になるのですからもう夫婦としてのメリットは無くなると考えてください。財産分割については、老後の生活の質を左右する大きな問題ですから、真剣に検討しましょう。

◆家が無くなる可能性とは

家の所有権を半分ずつにするのが現実的ではないとなると、やはり売却することになるのではないでしょうか。いずれにしても、家が無くなる可能性は否定できません。家を残したまま財産分与となると、相応の現金やほかの不動産資産などが必要になるでしょう。

熟年離婚はしたものの、現在住んでいるマイホームを手離すのはかなりの痛手です。マイホームを手離すことで、また新たな住居を探すことになるでしょう。しかも、今度は持ち家ではなく賃貸で探すことになるはずです。

せっかく自分が働いて手に入れたマイホームならば、手離すのは心外のはず。熟年離婚は、自分の家が無くなることも現実問題として考えてみるべきなのです。夫婦関係を解消するということは、皆さんが思っている以上に大変なことを実感できるでしょう。

◆夫婦関係の解消でお金の問題もシビアに

夫婦関係の解消は、今までは特に気にしていなかったお金の問題もシビアになります。もしも、夫の収入が多く、夫側に離婚の原因が明らかにある場合は、妻に慰謝料として毎月の生活費を負担するように決まることもあります。

特に、妻が専業主婦などで自らの収入だけでは暮らしていけないときは、生活扶助を続けることにもなるでしょう。熟年離婚も、離婚理由によっては金銭的な負担が大きくのしかかるものです。また、妻がパートで生活を支えていた場合でも、妻が出ていくことで一定の収入が途絶えることにもなるでしょう。

夫と妻の2人で協力していたからこそ、生活が成り立っている家も多いものです。熟年離婚は、どれだけ今までの状態がありがたいことであったかを知る良い機会にもなるでしょう。お金の問題にかんしては、熟年離婚の現実をまざまざと感じさせるものとも言えるでしょうね。

◆まとめ

熟年離婚をして、老後は自分だけのために楽しもうと思っても、現実はそうもいかない場合があります。中でも、別れた相手と財産分割をする場合は、自分が住む場所さえ危うくなることもあるでしょう。夫婦関係を解消することで、金銭面での問題がシビアになるのは事実です。十分な蓄えがあっても、半分は相手に渡す可能性もあります。自由と引き換えに、財産が大幅に減ることは悲しいことですが受け止めなければなりませんよ。