モテるオヤジの必需品!?ED治療薬の入手先にはご注意

50代にとって下半身の問題というのは本当に深刻なもの。そこで利用したいのがバイアグラなどのED治療薬です。バイアグラはアメリカのファイザー社で狭心症の薬として開発した試験薬が、勃起不全に効果のあるとわかり、開発された薬です。1998年にアメリカで販売されるようになると、「夢の薬」とマスコミにも取り上げられ、評判になりました。現在では開発元であるファイザー社の特許も切れたことで、ジェネリック医薬品としても販売されています。

現在、個人輸入などで安い海外製のバイアグラを購入し、利用するケースが後を絶ちません。これらには詐欺や偽物などの問題も発生しています。

◆海外製のバイアグラの利用はギャンブルと同じ?

現在、日本国内のED治療薬は日本ファイザー製薬のバイアグラにキッセイ薬品、東和薬品などが製造するバイアグラジェネリック、この他レビトラ、シアリスと言った薬が認可を得て流通しています。これ以外の海外製のED治療薬のジェネリック医薬品は一切認可されていないために、国内で流通しておらず、正規の輸入ルートもない状態です。その為、国内でこれらの薬を手に入れるためには、インターネットを利用した個人輸入しかありません。

ですが、この個人輸入に問題があります。日本の製薬会社が合同で、インターネットで購入できるED治療薬の成分を調査した結果、55.4%の薬が偽造品であると、判明したのです。中には成分が通常の薬よりも成分量が多くなっており、副作用により命に関わるケースも報告されています。インターネットを使った個人輸入では、どのような方法で製造されたかも変わらない薬を掴まされる可能性があるのです。

◆安さと信頼性

近年、このような海外製のED治療薬は専門のクリニックでも処方されている場合があります。ではこの場合は安全なのでしょうか?実は、これについても安全とはいい難い状態です。先程も述べたように、国内に輸入するルートが無いため、個人輸入で入手していると考えられます。そのため、クリニックが処方しているとはいえ、安全な薬であるという保証はありません。仮に医者が海外のED治療薬とは言わなくても料金が安い場合には、海外製のものを処方しようとしている可能性を考えるべきでしょう。相手が信頼できる医者なのか、これを判断するには適正な価格で診察や処方が行われているか知る必要があります。

◆信頼できるクリニックを調べるには?

では、このようなクリニックを避けるためにはどうすればいいのでしょうか?以下の検索サイトの利用をおすすめします。

・日本新薬株式会社「EDケアサポート」http://www.ed-care-support.jp/search/
創業1919年の歴史を持つ製薬会社が運営するサイトです。検索には地図や地名で調べる以外にも駅近や営業時間などの特徴を含めた検索も可能なので、自分の希望にあった病院を検索できます。ED治療に役立つアプリも提供しています。

・ED-info.net(ファイザー製薬サイト)http://www.ed-info.net/search/
バイアグラ開発元であるファイザー製薬の運営する検索サイトです。こちらは駅名や郵便番号などのフリーワードからの検索の他に細かく、住所ごとに最寄りのクリニックを検索できます。

共に製薬会社として有名な会社ですので、情報については信頼して問題ないでしょう。EDなどの病気の豆知識を紹介しているので、EDを正しく知るためにも利用できます。

薬を利用する時、安さと引き換えに健康リスクを抱えるのでは意味がありません。適正な価格で治療を行えば、結果的に治療にかかる費用を抑えることにもつながります。そのためにも信頼できるクリニックを探すのが重要なのです。