若い子に浮気心を持つのも仕方ない

若い子は、それだけでまぶしい魅力があります。年を取った自分と比べると、若い子に魅力を感じるのも無理は無いと考えましょう。愛するパートナーが若い子に浮気心を持ったとしても、おおらかな考えで受け流してください。ときには、嫉妬を感じるかもしれませんが、どうしようもないこともあるのです。

◆若さはかけがえの無い魅力

若さって、良いですよね。若い人は、見ているだけでこちらもワクワクドキドキしてくるものです。若さには、それだけパワーがあると考えてください。若さは、かけがえの無い魅力のひとつなのです。

若いということは、ある意味大きな特権とも言えます。若さは、いずれ衰えます。でも、誰にでも平等に与えられた時期なのです。若い人が、若いことを前面に出していてもそれは彼らの権利だと思ってください。

年を取ってしまった自分と比べて、ときには若い人に嫉妬を抱くかもしれません。嫉妬を抱いてしまうほど、若いということには大きな価値があるのです。女性が必死になって高価な化粧品を買い漁るのも、ダイエットに走るのも、すべては若く美しい女性でいたいからに過ぎません。若さは、いつの時代でも嫉妬の対象なのです。

◆若さと自分の老いを比べても仕方が無い

しかし、他人の若さと自分の老いを比べても仕方がありません。自分にも若い時代があったように、今、目の前にいる若い人にも若い時代がやってきているだけなのです。いずれ、その人の若さも消えます。そして、どんどん次世代に移っていくわけですね。

若さは、とても流動的なのです。今、嫉妬している若い人も、いずれ年を取って皆さんと同じような立場になります。若さとは、はかないものだからこそ憧れるのです。若さに嫉妬しても、無駄なのです。

自分の老いを嘆いていても、時間を取り戻せるわけではありません。ならば、今の自分の魅力を最大限に生かす方が良いでしょう。若さも魅力ですが、熟年世代には熟年世代ならではの魅力があると考えましょう。

◆パートナーの浮気心はおおらかな心で対応を

さて、若い人は、どの年代からも恋愛対象となります。もしかしたら、愛するパートナーも浮気心を持つかもしれません。でも、若い人に浮気心を抱いてしまうのは、ある意味仕方の無いことだ思ってください。

人間の本能として、若いということは生殖能力があることの証でもあります。特に男性は、自分の子孫を残そうとする本能の部分が出ると、若い人を無意識に追ってしまうこともあるのです。恋愛感情うんぬんではなく、本能の部分なのですから、どうしようもありません。

でも、浮気心も多くの場合は一時的なもの。もしも、パートナーが若い人に目を奪われていたらおおらかな心で対応してください。いずれ、熱も冷めてくることでしょう。一時的な浮気心をおおげさに捉えても、双方ろくなことがありませんので注意してくださいね。

◆まとめ

若い子に目が行ってしまうことは、男女ともに仕方が無いことなのです。若さは、何物にも替えがたい大きな魅力でもありますからね。すでに自分が失ってしまったものに対しては、人は特に執着をしてしまうものです。たとえば、愛するパートナーが若い子に浮気心を持ったとしてもある程度は仕方が無いと許してあげましょう。おおらかな心で接することが、最終的に良い方向に収めるためのコツでもあるのですからね。